デリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンの臭い。私も学生の頃に悩まされました。

 

私が悩まされた臭いは、ムレから始まりました。横着モノの私は、体育で体操着に着替えるのが面倒だったので、制服の下に体操着を着込んでました。

 

暑い日もそうやって通っていた訳ですが。これが良くなかった。

 

常に下着が二重になっているような状態になってしまって、股間の通気が悪くなるのです。それで股間に臭いとかゆみが起こりました。場所が場所だけに、かけないのがしんどかったです。

 

学生時代のデリケートゾーンの臭いからカンジダへ

 

ナプキンを着けたり、分厚い生地のジーパンを履いたりすると、股間の温度と湿度が高くなり、ムレます。すると、雑菌が繁殖してしまい、臭いが発生します。かゆみを伴ってくることもあります。

 

デリケートゾーンの蒸れと臭い

 

さて、臭いの原因のもうひとつは、おりもの。これはムレが発展して起こりました。ムレを解消したいと思っていた学生の私。しかし、運動部に所属していたため、どうしても汗だくになることが多かったのです。

 

夏休みで家にいる時は、股間の通気最優先でパンツを履かずに生活してました。しかしながら、これは全体的な日数としては圧倒的に少なく、状況を改善するには足りませんでした...

 

こうして、股間はムレっぱなしのまま、月日は流れていきました。

 

カンジダ膣炎になってしまいました

 

ムレっぱなしの股間は雑菌の宝庫です。そのうち細菌が繁殖し、なんとカンジダ膣炎になってしまいました。

 

こうなると、おりものが異常に増えて臭いわドロドロしてくるわで、かゆみも強くなりました。当初はカンジダ膣炎なんて知りませんでしたが、これはさすがにマズイとは思いました。

 

ムレた臭いとはレベルが違います。スルメの臭いを何倍にもしたような、あり得ない臭さです。

 

学生時代のデリケートゾーンの臭いからカンジダへ

 

周囲に臭ったら本当にシャレになりません。臭いをごまかすのに、下着に制汗剤を吹き付けてました。香水は手近になかったので、制汗剤です。

 

おりものの量がすごいので、薄いパンティーライナーも常につけてました。これは今思うと、本当にバカでした。休み中は通気良くしなきゃと思って、パンツも履かずに生活してたくせに、学校に行く時は股間にパンティーライナーをくっつけてムレる環境を自分で作ってたのです。通気は悪くなるわ、汚いおりものが溜まって不衛生になるわ、で症状が悪化。

 

同時に母親がずっとナプキンをつけてる娘の異変に気付き、産婦人科に強制連行と相成りました。

 

産婦人科でデリケートゾーン診察

 

人生初の産婦人科。わかってはいましたが、股間を広げて見せなきゃならない。そうしなきゃわからないから、仕方ないんだけど、中学生にコレはきつかった...

 

股間がムレただけで、病院で股間広げなきゃいけない事態に発展するとは、人生わからないものです。

 

カンジダ膣炎と診断されて、塗り薬を処方されました。当然ながら塗り薬は股間に塗ります。軽症だから、これだけです。もっと症状が進んでいると、錠剤の薬が処方されたり、膣洗浄をしたりするらしいです。

 

この他、改善策としてパンティーライナーはムレやすくなるので、使用禁止。その代わりに、使い古したタオルやガーゼを切ったものを当てるように指導を受けました。これで股間の通気が結構改善されました。

 

早く治すには股間の通気はもちろん、清潔に保つのも重要。ということで、学校で用を足した後は、股間を洗浄綿で拭きました。今は知りませんが、当時は公立中学にウォッシュレットなんかありませんので。
今なら携帯ウォッシュレットとかあって、便利で良いのですが。当時にあったなら、絶対使ったと思います。そんなこんなで、何とか一か月ぐらいで治りました。しかし、カンジダ膣炎というのは再発しやすくて、ちょっとしたことで症状が出てしまいます。

 

実際、この後も何度か通院しました。ちょっとおかしいな、と思ったら病院に行ってこまめにチェックを繰り返してたと記憶してます。今はもう何ともないですが、疲れたりするとおりものが増えやすかったりするので、注意はしています。