デリケートゾーンの臭い

排卵日が近くなると、妊娠する確率を上げるためにおりものの質が変化することがあります。具体的には、おりものの粘りが強くなり、 まんこの臭いがいつもよりもきつくなる気がします。

 

「もしかしたら、まんこ臭いが漏れて、他人に嫌な思いをさせているのではないだろうか…。」などと思ってしまい、そのことが気になって気になって仕方なくて悩んでいます。

 

排卵日の前後は非常にストレスを感じています。対処法として、排卵日の前後はデリケートゾーン専用の石鹸で優しく洗うようにしています。ごしごしと強く洗うのは逆効果だと聞いたことがあります。デリケートゾーン専用の泡パックも何か汚れが取れて、かつさっぱりとした印象があるので、気持ち的にもすっきりし、効果があると思いました。

 

排卵日とまんこの臭いの関連性。

 

やはりインターネットなどでまんこの臭いに関してのサイトで調べてみると 、まんこを清潔に保つことが何より大切なようです。そのなかで特に推奨されているのが次の2つです。

  • デリケートゾーン専用の石鹸
  • デリケートゾーン専用の泡パック

参考サイト まんこの臭いについてのサイト

 

 

蒸れから発生するまんこの臭い

 

排卵日とまんこの臭いの関連性。

 

蒸れると 、まんこ臭いがきつくなることがあるので、下着やパンティライナーもこまめに代えるようにしています。使用済みの下着は汚れが残らないように、一度手洗いをしてから洗濯機に入れるようにしています。

 

汚れが取れていない状態でもう一度履くと不衛生ですし、ただでさえ蒸れやすいデリケートゾーンに雑菌が繁殖して臭いがきつくなる気がするからです。

 

まんこの臭い」と一言で言っても様々なものがあると思います。なかなか他人と比較が出来ないしまんこの臭いについていくら友達でも聞くことは難しいと思います。逆に自分のデリケートゾーンのことを聞かれても困ります。

 

ヨーグルトのような酸味がある臭いと、魚が腐ったような生臭い臭い

 

ヨーグルトのような酸味がある臭いの場合は、自浄作用であり、まんこにいる常在菌が出す臭いなので問題ないことが多いですが、魚が腐ったような生臭い臭いやおりものがポロポロのカッテージチーズみたいな状態のときは病気の可能性があります。

 

おりものの臭いや質や色、量に変化があったときは産婦人科の受診をしてみるのも良いと思います。

 

問題ないなら問題ないと言ってくれますし、逆に治療が必要なときは指導をしてくれます。場合によっては、膣内の洗浄をしてくれるときもあります。

 

ひとりで病気かも知れないと悩むよりかは専門家に診てもらった方が安心出来ますし、万が一病気が原因だった場合でも、適切な指導を受けることが出来て、早くデリケートゾーンの臭い対策や病気の治療が出来ます。人によっては産婦人科の受診は勇気がいることもありますが、自分の体を守るための一歩だと思います。