デリケートゾーンの臭い

まんこの臭いの原因を把握して対策しましょう

体臭で臭いの強い部位と言えば脇や足が有名ですが、デリケートゾーンに関しても脇や足と同じぐらい強い臭いが発生してしまう事があります。

 

デリケートゾーンはムダ毛なども生えているので非常に高温多湿な状況になりやすいので雑菌が繁殖してしまいます。特に生理中に出血したりおりものが増えたりしてしまうと臭いが強くなる傾向があります。デリケートゾーンの臭いは誰でも発生する可能性があるのでしっかり原因を把握して対策していく事が大切です。

 

デリケートゾーンの臭いの最大の原因

 

デリケートゾーンの臭いに悩んでいるなら簡単ケア

 

デリケートゾーンの臭いの最大の原因はやはり蒸れやすいという事でしょう。膣付近を中心にムダ毛が生えていたり常に下着を履いている状態なので通気性が悪くなってしまい蒸れてしまう事が多いです。蒸れてしまうと雑菌も繁殖しやすくなってしまうので臭いが強くなってしまいます。

 

そのためデリケートゾーンの通気性を少しでも良くして蒸れにくい環境を作っていく事が大切です。現在デリケートゾーンのムダ毛を脱毛してしまう女性も増えてきています。

 

脱毛サロンや医療クリニックで施術を受けてデリケートゾーンのお手入れをして清潔を保つようにしているようです。そのため臭い防止にもすごく効果的なのでデリケートゾーンのムダ毛の脱毛を検討してもいいかと思います。しかしデリケートゾーンは全体的に皮膚が薄く、特に膣付近を脱毛している時は痛みが発生すると言われているので肌が敏感な人は脱毛サロンや医療クリニックのスタッフと相談してからの方がいいでしょう。

 

デリケートゾーンを洗う時は専用の石鹸を使って優しく洗う

 

デリケートゾーンの臭いに悩んでいるなら簡単ケア

 

デリケートゾーンを清潔に保つために入浴した時に毎日ボディーソープで念入りに洗っていると思います。しかしボディーソープは洗浄力が強いものほど刺激を与えてしまう場合があるので特に膣付近は敏感に反応してしまう可能性があります。刺激を与えてしまうと雑菌を作り出してしまう事もあるので洗ったのにも関わらず強い臭いが発生してしまう場合があります。そのためデリケートゾーンを洗う時は専用の石鹸を使って優しく洗うようにするといいでしょう。専用の石鹸であれば刺激も弱いので雑菌が作り出される事もありません。

 

衣服類にも気を使う必要があります。下着はもちろんなのですが、ズボンなどもきつめだとデリケートゾーンが締め付けられてしまうので通気性が悪くなって蒸れやすくなってしまいます。そのためゆったりとした服装をしてデリケートゾーンの通気性を少しでも良くするように心掛けてみましょう。

デリケートゾーンはムダ毛が生えていて蒸れやすい部位なので雑菌が繁殖してしまう事があります。しかも脇同様にデリケートゾーンにもアポクリン腺があるので汗を掻いてしまうと臭いが発生しやすくなってしまいます。

 

その臭いは脇と同様に強烈な臭いなのでデリケートゾーンの臭いをすそわきがと呼んでいます。

 

デリケートゾーンの臭いとすそわきが

 

すそわきがだと感じる事があったらセルフチェックをしてみる事が大切です。

 

特に確認しておきたい点はデリケートゾーンのムダ毛が臭う、下着が黄ばんでいる、耳垢が湿っているの3点をチェックするといいでしょう。

  • デリケートゾーンのムダ毛が臭う
  • 下着が黄ばんでいる
  • 耳垢が湿っている

この3点の中ですべて該当していたら明らかにすそわきがです。また1点でも該当していてもすそわきがの可能性が高いので対策する準備をしておかなければいけません。

 

すそわきがを予防は清潔にすることから

 

すそわきがを予防するためには当然デリケートゾーンを清潔にしておかなければいけません。そのため毎日入浴してしっかり洗うという事は当然なのですが、ボディソープではなくてすそわきが対策の専用石鹸で洗うようにするといいでしょう。

 

ボディソープで洗った場合は原因菌が残っている時があるので洗い終わった後でも臭いが残ってしまっている可能性があります。

 

すそわきが対策の専用石鹸でしっかり洗って臭いの原因となっている菌をすべて洗い落とすようにすると、臭いも徐々に解消されていきます。

 

デリケートゾーンの清潔を心がけるとともにわきが体質を改善していく必要もあります。肉類など動物性脂肪をたくさん摂取しているとデリケートゾーンにもアポクリン腺が活発になって汗が大量に分泌してしまって臭いが発生してしまいます。

 

なるべく野菜や魚を多く食べるようにしてしっかり栄養を取って体質を改善する必要があります。

 

すそわきがの原因はデリケートゾーンのムダ毛も大きな原因となっています。特にムダ毛の量が多いと蒸れてしまって汗を掻いた時に雑菌が繁殖して臭いが強くなってしまいます。

 

また生理中に血やおりものがムダ毛に付いてしまって痒みが発生してそれが臭いに繋がってしまう場合もあります。デリケートゾーンのムダ毛を処理する事によって通気性を良くして蒸れにくくする事が大切になってきます。

 

デリケートゾーンの皮膚は薄くて肌へのリスクが高いので絶対自己処理でやってはいけません。脱毛サロンに通ってプロのスタッフに施術してもらうようにしましょう。

続きを読む≫ 2016/04/17 19:12:17

デリケートゾーンの臭い。私も学生の頃に悩まされました。

 

私が悩まされた臭いは、ムレから始まりました。横着モノの私は、体育で体操着に着替えるのが面倒だったので、制服の下に体操着を着込んでました。

 

暑い日もそうやって通っていた訳ですが。これが良くなかった。

 

常に下着が二重になっているような状態になってしまって、股間の通気が悪くなるのです。それで股間に臭いとかゆみが起こりました。場所が場所だけに、かけないのがしんどかったです。

 

学生時代のデリケートゾーンの臭いからカンジダへ

 

ナプキンを着けたり、分厚い生地のジーパンを履いたりすると、股間の温度と湿度が高くなり、ムレます。すると、雑菌が繁殖してしまい、臭いが発生します。かゆみを伴ってくることもあります。

 

デリケートゾーンの蒸れと臭い

 

さて、臭いの原因のもうひとつは、おりもの。これはムレが発展して起こりました。ムレを解消したいと思っていた学生の私。しかし、運動部に所属していたため、どうしても汗だくになることが多かったのです。

 

夏休みで家にいる時は、股間の通気最優先でパンツを履かずに生活してました。しかしながら、これは全体的な日数としては圧倒的に少なく、状況を改善するには足りませんでした...

 

こうして、股間はムレっぱなしのまま、月日は流れていきました。

 

カンジダ膣炎になってしまいました

 

ムレっぱなしの股間は雑菌の宝庫です。そのうち細菌が繁殖し、なんとカンジダ膣炎になってしまいました。

 

こうなると、おりものが異常に増えて臭いわドロドロしてくるわで、かゆみも強くなりました。当初はカンジダ膣炎なんて知りませんでしたが、これはさすがにマズイとは思いました。

 

ムレた臭いとはレベルが違います。スルメの臭いを何倍にもしたような、あり得ない臭さです。

 

学生時代のデリケートゾーンの臭いからカンジダへ

 

周囲に臭ったら本当にシャレになりません。臭いをごまかすのに、下着に制汗剤を吹き付けてました。香水は手近になかったので、制汗剤です。

 

おりものの量がすごいので、薄いパンティーライナーも常につけてました。これは今思うと、本当にバカでした。休み中は通気良くしなきゃと思って、パンツも履かずに生活してたくせに、学校に行く時は股間にパンティーライナーをくっつけてムレる環境を自分で作ってたのです。通気は悪くなるわ、汚いおりものが溜まって不衛生になるわ、で症状が悪化。

 

同時に母親がずっとナプキンをつけてる娘の異変に気付き、産婦人科に強制連行と相成りました。

 

産婦人科でデリケートゾーン診察

 

人生初の産婦人科。わかってはいましたが、股間を広げて見せなきゃならない。そうしなきゃわからないから、仕方ないんだけど、中学生にコレはきつかった...

 

股間がムレただけで、病院で股間広げなきゃいけない事態に発展するとは、人生わからないものです。

 

カンジダ膣炎と診断されて、塗り薬を処方されました。当然ながら塗り薬は股間に塗ります。軽症だから、これだけです。もっと症状が進んでいると、錠剤の薬が処方されたり、膣洗浄をしたりするらしいです。

 

この他、改善策としてパンティーライナーはムレやすくなるので、使用禁止。その代わりに、使い古したタオルやガーゼを切ったものを当てるように指導を受けました。これで股間の通気が結構改善されました。

 

早く治すには股間の通気はもちろん、清潔に保つのも重要。ということで、学校で用を足した後は、股間を洗浄綿で拭きました。今は知りませんが、当時は公立中学にウォッシュレットなんかありませんので。
今なら携帯ウォッシュレットとかあって、便利で良いのですが。当時にあったなら、絶対使ったと思います。そんなこんなで、何とか一か月ぐらいで治りました。しかし、カンジダ膣炎というのは再発しやすくて、ちょっとしたことで症状が出てしまいます。

 

実際、この後も何度か通院しました。ちょっとおかしいな、と思ったら病院に行ってこまめにチェックを繰り返してたと記憶してます。今はもう何ともないですが、疲れたりするとおりものが増えやすかったりするので、注意はしています。

続きを読む≫ 2016/04/17 19:12:17

学生時代から自分の臭いに悩んでいました。お風呂も毎日入っているし、きちんと洗ってるのに、何故かいつも臭い気がする…。

 

場所的に蒸れるのは仕方ないとしても、蒸れすぎて下着に染みができるほど。下着はおろか、その日に履いたタイツやズボンの股の部分からも匂うし、周りにも匂いがしてるんじゃないか、みんなもこんなに酸っぱいような匂い?と、気になっていましたが、恥ずかしくて友達に聞くこともできないし、親にすら相談できずに我慢していました。

 

時には性病も疑い、性病について調べました。でも、思い当たる症状はなくて…。

 

学生時代からデリケートゾーンの臭いい悩まされてきて

 

就職してから、真っ先に婦人科で検査しました。結果は性病はなく、おりものはちょっと多いけど異常無し。

 

こんなに酸っぱいような匂いがするのに、異常無しと言われても納得できるわけがありません。

 

おりものシートを1日に何枚も交換したり、デリケートゾーン専用のソープも何種類も試しましたが、洗った時は匂いが消えても、寝て起きるとまた蒸れて匂いがする…。

 

結局デリケートゾーン専用ソープも満足できる結果は得られず、「おりもの 臭い」で検索しました。

 

すそわきがというデリケートゾーン独特の臭い

 

そこで目に入ったのが、すそわきがという言葉でした。

 

初めて聞いた言葉でしたが、何となく症状が当てはまる気がして、原因がわかったのと同時にショックでした。田舎なので治療できる病院も近くにないし、誰にも言えない。

 

脇用の制汗スプレーのような物も売ってない。どのように対策をしたらいいのかもわからないし、絶望的で彼氏にも申し訳ない気持ちでした。

 

むだ毛処理で臭い対策

ある時、水着を着る機会があり、毛の処理をしました。それまでも定期的に、下着から出ない程度に処理はしていましたが、水着ということもあり、デリケートゾーンもかなり短めに処理をしました。

 

すると、匂いがしない……!?

 

直接触ると多少の匂いはしますが、下着から匂いを発するほどの匂いはしないのです。びっくりしました。考えてみれば、髪の毛で頭皮が蒸れるのと一緒ですよね。それに、髪の毛だって、タバコや焼き肉の匂いがつきますよね。デリケートゾーンは、さらに下着や衣類を身につけるのですから、匂いが籠って当然です。

 

わきがの匂いの原因は汗ですから、汗の付く所を減らせばいいんです。それに気が付いてからは、定期的に短く毛のカットをしていますが、前ほど気にならなくなりました。

 

すそわきがで悩んでる方は、毛の処理をするのも試す価値はあると思います。

 

続きを読む≫ 2016/04/17 19:12:17

排卵日が近くなると、妊娠する確率を上げるためにおりものの質が変化することがあります。具体的には、おりものの粘りが強くなり、 まんこの臭いがいつもよりもきつくなる気がします。

 

「もしかしたら、まんこ臭いが漏れて、他人に嫌な思いをさせているのではないだろうか…。」などと思ってしまい、そのことが気になって気になって仕方なくて悩んでいます。

 

排卵日の前後は非常にストレスを感じています。対処法として、排卵日の前後はデリケートゾーン専用の石鹸で優しく洗うようにしています。ごしごしと強く洗うのは逆効果だと聞いたことがあります。デリケートゾーン専用の泡パックも何か汚れが取れて、かつさっぱりとした印象があるので、気持ち的にもすっきりし、効果があると思いました。

 

排卵日とまんこの臭いの関連性。

 

やはりインターネットなどでまんこの臭いに関してのサイトで調べてみると 、まんこを清潔に保つことが何より大切なようです。そのなかで特に推奨されているのが次の2つです。

  • デリケートゾーン専用の石鹸
  • デリケートゾーン専用の泡パック

 

 

蒸れから発生するまんこの臭い

 

排卵日とまんこの臭いの関連性。

 

蒸れると 、まんこ臭いがきつくなることがあるので、下着やパンティライナーもこまめに代えるようにしています。使用済みの下着は汚れが残らないように、一度手洗いをしてから洗濯機に入れるようにしています。

 

汚れが取れていない状態でもう一度履くと不衛生ですし、ただでさえ蒸れやすいデリケートゾーンに雑菌が繁殖して臭いがきつくなる気がするからです。

 

まんこの臭い」と一言で言っても様々なものがあると思います。なかなか他人と比較が出来ないしまんこの臭いについていくら友達でも聞くことは難しいと思います。逆に自分のデリケートゾーンのことを聞かれても困ります。

 

ヨーグルトのような酸味がある臭いと、魚が腐ったような生臭い臭い

 

ヨーグルトのような酸味がある臭いの場合は、自浄作用であり、まんこにいる常在菌が出す臭いなので問題ないことが多いですが、魚が腐ったような生臭い臭いやおりものがポロポロのカッテージチーズみたいな状態のときは病気の可能性があります。

 

おりものの臭いや質や色、量に変化があったときは産婦人科の受診をしてみるのも良いと思います。

 

問題ないなら問題ないと言ってくれますし、逆に治療が必要なときは指導をしてくれます。場合によっては、膣内の洗浄をしてくれるときもあります。

 

ひとりで病気かも知れないと悩むよりかは専門家に診てもらった方が安心出来ますし、万が一病気が原因だった場合でも、適切な指導を受けることが出来て、早くデリケートゾーンの臭い対策や病気の治療が出来ます。人によっては産婦人科の受診は勇気がいることもありますが、自分の体を守るための一歩だと思います。

続きを読む≫ 2016/04/17 17:29:17